機の音 はたのね

きものに関連する様々なことを書き残すブログです。

きもの文化ノート 本文9-3

きもの文化を体系的にまとめられた資料が見当たらないので、自分の参考資料として私見を書いています。本文は順不同に、内容を膨らませながら書いています。参照される方はご了承の上、ご覧ください。なお、無断でのコピーや転載はご遠慮ください。

追記・修正箇所は太字・下線にしています。
 
第9章 悉皆

 第3節 仕立て
  1 きもの

   きものの裁断図

   f:id:hana-haru:20201228232649j:plain

 

   表地の裏に胴裏を付けず、八掛だけを付ける仕立てを胴抜きといいます。

   透ける生地の場合、居敷当て(いしきあて)とよぶ布を付けて、透けるのを防ぐ仕立てがあります。

   柄合わせで、横段の模様は、一般的にはずらして仕立てます。中心となる柄があれば前身頃、袖、胸元、衽に持ってくるときれいに見えます。ごく細かな模様なら、柄合わせは気にしなくていいです。

   袖丈は体型よりも、身長やきものの種類、好み・用途で長さを決めます。現在は49cmが多いようです。

   衿下の寸法は体型に関係なく、身長の1/2くらいにします。

   合褄幅は身長から割り出しますが、ふくよかな女性の場合は標準寸法より広くします。

   裄の寸法は体型によって加減します。

   身丈は、男性の場合は身長―26~27cmあるいは身長x0.83~0.85cmくらいを基準として体型によって加減します。男性と女性で同じ身長なら、きものの身丈は女性のほうが長くなります。

   袖の形 元禄袖(げんろくそで)は袖丈が短く、袖の丸みが大きいものです。筒袖(つつそで)は袂の部分がなく、筒のような形をした袖です。船底袖(ふなぞこそで)は袖下が船底形の丸みのある形で、袖口に向かうほど袖が細くなっていきます。

  3 八掛

   八掛の裁断図

   f:id:hana-haru:20210507205803j:plain


  4 一つ身

   宮参り初着は広口袖上着・下着の二枚襲ねに襦袢袖をつけ、上・下着には共布で幅広い紐をつけます。

  6 四つ身
   三歳から九歳くらいまでの子供用のきものの仕立て方を四つ身といいます。

   身長や裄の長さに合わせて、肩あげや腰あげをします。

   子供物の付紐は、男は縫い目を下、女は縫い目を上につけます。

  9 帯

   名古屋帯 胴に巻く部分は半分の幅、お太鼓部分は並幅に仕立てる「なごや仕立て」が一般的です。胴に巻く部分を半分にしないで、開いて仕立てる鏡仕立て(開き仕立て)という仕立て方もあります。胴に巻く部分、お太鼓の部分に分ける「付け帯」は旅行などに重宝します。標準寸法のたれ丈は3尺(114cm)、たれ幅は8寸(30.4cm)です。

   綴れ帯、献上博多帯、織袋なごや帯はかがり仕立てができます。

   丸帯 最も格式が高く、約68cm幅に織ったものを二つ折りにして仕立てます。

   袋なごや帯 仕立て上がりは幅30cm、長さ3m60cmくらいです。
 
訪問頂きありがとうございます。これをきっかけに、きものに興味を抱いていただければ幸いです。