機の音 はたのね

きものに関連する様々なことを書き残すブログです。

きもの文化ノート 本文9-1

きもの文化について自分の参考資料として私見を書いています。本文は順不同に、内容を膨らませながら書いています。参照される方はご了承の上、ご覧ください。なお、無断でのコピーや転載はご遠慮ください。追記・修正箇所は太字・下線にしています。

 

第9章 悉皆(しっかい)
 第1節 きものの名称

 1 女性のきもの
   掛け衿
    共衿ともいいます。衿の汚れを防ぐために、地衿の上にさらにつけた衿のことです。
    
        衿から裾まで、きものの前身頃に接続して縫い付ける半幅の細長い布です。
    たれ
        帯結びで太鼓の裾に出す部分。お太鼓の大きさとのバランスが重要です。普通は8センチぐらいが適当です。

   剣先(けんさき)

    衽の上端で、肩山にもっとも近いところで剣のように先のとがったところのことです。

   衽下がり

    きものの肩山から剣先までの寸法、およびその部分のことです

   身八つ口

    きものの身頃の脇の開き、またはその寸法です。

   抱き幅(だきはば)

    身八つ口の下の位置から衽付けの縫い目までの横幅をいいます。

   衿下(えりした)

    きものの衿先から褄先までの間のことです。立褄(たてづま)ともよばれます。

   衿肩あき

    きものの肩に衿をつけるために、あらかじめ裁ってあけたところ。

   繰り越し(くりこし)

    衿を抜いて着るためにとる肩山と衿肩あき裁ち切り位置との寸法の差、およびその部分のことです。肩の厚みや着装感によって加減します。長襦袢の繰り越し寸法は「きもの」と同寸にします。男物きものには普通繰り越しをつけません。

   たれ

    帯結びで太鼓の裾に出す部分。お太鼓の大きさとのバランスが重要です。普通は8センチぐらいが適当です。

   裄(ゆき)

    袖幅と肩幅を加えたものです。

   袖付け

    袖と身頃が接続する部分のことです。

   袖丈

    袖の長さの事です。袖山から袖下までの長さです。

   衿先

    きものの衿の先端の部分のことです。衿裏の下端につける衿先布のことをさす場合もあります。

   褄先(つまさき)

    褄の先端のことです。衿下と裾の出会う角のことです。

   前身頃

    きものの前部の身頃のことです。袖と衽の間の、肩から裾までの部分をいい、右前身頃と左前身頃があります。

   振り

    袖付けから袖下までの、開いた部分のことです。

   合褄幅(あいづまはば)

    きものの衿先の付け止まりでの衽の幅のことです。

   肩山

    肩の一番高い部分です。前身頃と後ろ身頃の折り目の山のことです。

   裏衿

    きものの衿の裏側に使う衿布のことです。

   衽上布

    きものの裏の衽の上側の布です。

   袖口布

    きものの袖口の裏につける布のことです。

   ふき

    袷や綿入れの袖口や裾の裏地を表に折り返し、表から少しのぞくように仕立てた部分です。

   おはしょり

    着丈に合わせてたくし上げるとできる帯下5~6cm幅の部分です。

    八掛【裾回し】
        袷のきものにつける裏地です。前後の身頃の裾裏に4枚、衽の裏に2枚、襟先の裏側に2枚つけるので、合計8枚です。現在は袖口にもつけます。表布の素材に合わせて、縮緬には縮緬、羽二重には羽二重、木綿には新モス、紬には縮緬、羽二重、紬などを選びます。色はきものの地色と相性の良い色調やぼかし染めを付けます。

   居敷当て(いしきあて)

    単衣きものの裏側に、裾から90cmくらいのところまで部分的に布を縫いつけたものです。

   衿の種類

    ばち衿 衿肩回りから衿先へ、自然に幅広くなっています。

    棒衿(ぼうえり) 背中心から衿先まで同じ衿幅に仕立てます。

   長襦袢の仕立て方

    関西仕立て 別衿を付けた仕立て方です。

    関東仕立て 衿肩回りから裾まで1本の衿を通す仕立て方です。
   2 男性のきもの

   合褄幅(あいづまはば)

    きものの衿先の付け止まりでの衽の幅のことです。

   揚げ下がり

    肩山から内揚げまでの部分または寸法です。

   人形

    男性のきものの袖付け止まりから袖下までの間をさします。

   衿の種類

    棒衿(ぼうえり) 背中心から衿先まで同じ衿幅に仕立てるものです。ゆかたや子供用のきもの、男物に使われます。

   内揚げ

    帯の下になる位置に、きものの内側にあらかじめ施しておく縫込み。

   3 女性の羽織
      返し
        裾で後ろ身頃を引き返して、内側に折り込んだ部分のことです。
      まち
       羽織の前後の身頃の間につける布のことです。
      身八つ口(みやつくち)
       身頃の脇の開き、またはその寸法です。これは男性の羽織にはありません。

   乳(ち)

    羽織の紐を通すために衿につけてある、小さい輪のことです。

   乳下がり

    肩山から、羽織の紐をつける乳の位置までの長さのことです。

  4 男性の羽織

   鐶(かん)

    羽織紐を羽織に付けるための金具です。
  5 女性のコート

   返し

    裾で後ろ身頃を引き返して、内側に折り込んだ部分のことです。

   羽裏(はうら)

    コートの裏地に用いる布地のことも羽裏といいます。

   身八つ口

    身頃の脇の開き、またはその寸法です。

   小衿(こえり)

    首のまわりを囲む細長い部分のことです。

   上前竪衿(うわまえたてえり)

    上前身頃の内側に付く、着たときに上になる部分です。

   竪衿下がり(たてえりさがり)

    肩山から竪衿の付くまでの間のことです。
   コートの衿型
    道中衿(どうちゅうえり) きもののような打ち合わせになった衿です。
        千代田衿(ちよだえり) 衿付け線がなだらかな曲線になった衿です。

    道行衿(みちゆきえり) 衿あきを四角にして、衿を額縁のような形にしたものです。現在多く用いられている形です。

    被布衿(ひふえり) 衿肩に丸く仕立てた小衿がついたものです。

  6 袴

    相引(あいびき)

     男性の袴では笹ひだの下から裾の脇幅の間のこと、またその長さをいいます。

    袴丈(はかまたけ)

     ひも下から三のひだまでの間で、前丈や紐下寸法ともいいます。

 
訪問頂きありがとうございます。この記事がお役に立てれば幸いです。

きもの文化ノート 本文13-2

きもの文化について自分の参考資料として私見を書いています。本文は順不同に、内容を膨らませながら書いています。参照される方はご了承の上、ご覧ください。なお、無断でのコピーや転載はご遠慮ください。追記・修正箇所は太字・下線にしています。
 
第13章 きものを着る
 第2節 着付け 他装(他の人に着せる)
  3 袋帯
   立て矢結び 斜めに蝶結びしたような結び方で、立体感がありシンプルな柄行きの振袖に合います。背の高い人に似あいます。

  
訪問頂きありがとうございます。この記事がお役に立てれば幸いです。

きもの文化ノート 本文11-2

きもの文化について自分の参考資料として私見を書いています。本文は順不同に、内容を膨らませながら書いています。参照される方はご了承の上、ご覧ください。なお、無断でのコピーや転載はご遠慮ください。追記・修正箇所は太字・下線にしています。
 
第11章 重文と工芸品
 第2節 工芸品
  1 織物
    読谷山ミンサー(よみたんざんみんさー) 1976年6月に伝統的工芸品に指定されました。沖縄本島読谷村の特産品です。幾何学模様を用いた花柄が特徴です。

    阿波正藍しじら織(あわしょうあいしじらおり) 1978年7月に伝統的工芸品に指定されました。徳島県の織物で、阿波の本藍で染めた木綿糸を使い、張力の違う経糸緯糸を組み合わせて織ることで独特のシボを出します。藍濃淡の縞模様が多い。

    八重山ミンサー 1989年4月に伝統的工芸品に指定されました。八重山列島に属する石垣市竹富町に伝わる織物で、絣を5つと4つの升で表現したデザインが特徴です。

    二風谷アットゥシ(にぶたにあっとぅし) 2013年3月に伝統的工芸品に指定されました。北海道沙流郡平取町(さるぐんびらとりちょう)で作られている織物です。

    知花花織(ちばなはなおり) 2012年7月に伝統的工芸品に指定されました。沖縄市で作られている織物で、経浮花織の技法を駆使した紋織物の一種です。

 
訪問頂きありがとうございます。この記事がお役に立てれば幸いです。

きもの文化ノート 本文12-2

きもの文化について自分の参考資料として私見を書いています。本文は順不同に、内容を膨らませながら書いています。参照される方はご了承の上、ご覧ください。なお、無断でのコピーや転載はご遠慮ください。追記・修正箇所は太字・下線にしています。
 
第12章 影響を与えた人
 第2節 染織以外
  柳宗悦(やなぎむねよし)
   無名の民衆が生み出す、染織品を始めとする日常品の美しさに注目し、「民藝」という新語を作り、手仕事の民芸品を評価し、活用する民芸運動を起こしました。

  越原春子(こしはらはるこ)

   大正時代に、なごや帯の原型となる軽装帯を考案しました。お太鼓部分を一重にして、その他を半幅に仕立てたものを着用していました。

  
訪問頂きありがとうございます。この記事がお役に立てれば幸いです。

きもの文化ノート 本文2-10

きもの文化について自分の参考資料として私見を書いています。本文は順不同に、内容を膨らませながら書いています。参照される方はご了承の上、ご覧ください。なお、無断でのコピーや転載はご遠慮ください。追記・修正箇所は太字・下線にしています。
 
第2章 染めのきもの
 第10節 道具

  1 友禅の道具

    色糊 染料と糊を混ぜた糊のことです。主に型友禅や小紋染めなど、型紙を使う染色に用いられます。模様の部分に用いる場合は写し糊、地色染に用いる場合はしごき糊とも呼びます。

    丸刷毛 摺り友禅やぼかし染めで使用されます。丸い形状から丸刷毛と呼ばれます。

  3 その他
    伊勢型紙 伊勢型は、美濃和紙を三枚重ねて柿渋で貼り合わせ、錐などで細かな模様を彫ったものです。型紙で細い縞を彫るような場合、彫り残す部分が少なくて不安定になるため、型紙の補強が行われます。和紙の間に絹糸を入れて補強することを糸入れ、網状のものを型紙に張ることを紗張りといいます。複雑で細かな柄文様になると、2枚の型に彫り分け、1枚目(主型)(型の急所を彫った型)の型付けに2枚目(消型)(釣りを消す型)の型付けを重ねると柄の全貌が再現される型彫り技法(追掛け型)があります。伊勢型紙は、江戸小紋長板中型、型友禅などの染色工程で用いられます。
 
訪問頂きありがとうございます。この記事がお役に立てれば幸いです。

生田緑地の「伝統工芸館ミニ展示 2022干支 寅・とら」

 2021年12月に生田緑地の「伝統工芸館ミニ展示 2022干支 寅・とら」を観てきました。

 

 神奈川県川崎市の生田緑地にある伝統工芸館で「伝統工芸館ミニ展示 2022干支 寅・とら」をやっているということで観に行きました。小田急向ヶ丘遊園駅から徒歩13分で生田緑地入口に着きますが、伝統工芸館はさらに山を13分登ります。

 

 展示会がミニなのと、行った日が平日、しかも場所が生田緑地の奥ということで館内には工房の方以外は、持ち込み染色の方が1名いるのみでした。伝統工芸館が日本民家園の西門であり、藍染工房となっていました。

f:id:hana-haru:20211215211934j:plain

入口

 作品は2022年の干支の寅を型染めで藍染したタペストリーや手拭いで、愛嬌のある寅が多かったです。

f:id:hana-haru:20211215212038j:plain

 藍がめは8基あり、蒅(すくも)を徳島県から取り寄せている天然藍染めです。藍染体験ができる他、布の持ち込みでの藍染めも可能とのこと。持ち込み料プラス、布の重さで料金が変わるシステムだそうです。いつか試してみたいと思いました。

f:id:hana-haru:20211215212119j:plain

藍甕

 行くまでは大変ですが。小物の販売もあり周囲は自然一杯の立地なので散策も兼ねてまた訪ねたい工房です。

f:id:hana-haru:20211215212234j:plain

 

きもの文化ノート 本文14-5

きもの屋さんのミニ情報を載せていきたいと思います。少しずつ増やしていきます。参照される方はご了承の上、ご覧ください。掲載順に意味はありません。なお、無断でのコピーや転載はご遠慮ください。追記・修正箇所は太字・下線にしています。
 
第14章 巻末
 第5節 付録 

  1 きもの屋ミニ情報
   神奈川県
   1 工芸 偕可園(かいかえん)
     住所 茅ヶ崎市中海岸1-1-43 
     営業時間10:00~20:00 定休日 日曜日
     特徴 きものの他、組紐教室開催。

   2 くまじ

     住所 茅ヶ崎市共恵1-8-6

     営業時時間10:30~19:00 定休日 水曜日

     特徴 きものの他、洋服も取り扱う。

   3 たかばや呉服店

     住所 茅ヶ崎市東海岸北2-1-48

     営業時時間9:00~18:00 定休日 日曜日・祝日

     特徴 きもの販売の他、洗いや染み抜きも扱う。

   4 丸岡屋

     住所 茅ヶ崎市新栄町2-30茅ヶ崎ショッピングセンター

     営業時時間10:00~18:00 定休日 火曜日

     特徴 きもの販売の他、お直しも扱う。

  2 服飾品の数え方

     衣桁(いこう)の数え方は架(か)です。衣桁はきものなどを掛けておく道具です。

     布帛(ふはく)二反の数え方は匹(ひき)または疋(ひき)です。布帛とは織物の生地のことをいいます。

     装束の上着類の数え方は領(りょう)です。

     糸80本を表す単位に算(よみ)があります。
 
訪問頂きありがとうございます。この記事がお役に立てれば幸いです。

シルク博物館 第26回全国染織作品展

 

 2021年11月にシルク博物館で「第26回全国染織作品展」を観てきました。

 

 シルク博物館は横浜市にあり、昨年12月以来2度目です。横浜駅からみなとみらい線日本大通り駅から海の方へ徒歩3分という場所にあります。場所は覚えていたはずですが、駅を出た辺りの建物が一変していて一瞬方向がわからなくなりました。街の変動は激しいですね。

 

 前回シルク博物館を訪れた時は閑散としたイメージでしたが、今回は作品展ということで生徒さんたちが着物姿で大勢いらしてました。課外授業だったのでしょうか。

 

 作品は入選作品70点あまりで、どれも力作で見応えがありました。染着物、織着物だけでなく、帯や着尺、タペストリーなどもあり様々でした。日本刺繍でのタペストリーなどもあり多様化している印象でした。

 

 個人的には群馬の染織家が出品されていた花織の着物が、紫の色の良さと花織の細かな柄が見事で、着てみたいと思いました。

 

 着物を着る人は減っているかもしれませんが、ここに出品された染織家さんがさらに素晴らしい作品作りを続けてくれるといいなと思います。

f:id:hana-haru:20211123161744j:plain

f:id:hana-haru:20211123161800j:plain