機の音 はたのね

きものに関連する様々なことを書き残すブログです。

きもの文化ノート 本文9-3

きもの文化を体系的にまとめられた資料が見当たらないので、自分の参考資料として私見を書いています。本文は順不同に、内容を膨らませながら書いています。参照される方はご了承の上、ご覧ください。なお、無断でのコピーや転載はご遠慮ください。

追記・修正箇所は太字・下線にしています。
 
第9章 悉皆

 第3節 仕立て
  1 きもの

   きものの裁断図

   f:id:hana-haru:20201228232649j:plain

 

   表地の裏に胴裏を付けず、八掛だけを付ける仕立てを胴抜きといいます。

   透ける生地の場合、居敷当て(いしきあて)とよぶ布を付けて、透けるのを防ぐ仕立てがあります。

   柄合わせで、横段の模様は、一般的にはずらして仕立てます。中心となる柄があれば前身頃、袖、胸元、衽に持ってくるときれいに見えます。ごく細かな模様なら、柄合わせは気にしなくていいです。

   袖丈は体型よりも、身長やきものの種類、好み・用途で長さを決めます。現在は49cmが多いようです。

   衿下の寸法は体型に関係なく、身長の1/2くらいにします。

   合褄幅は身長から割り出しますが、ふくよかな女性の場合は標準寸法より広くします。

   裄の寸法は体型によって加減します。

   身丈は、男性の場合は身長―26~27cmあるいは身長x0.83~0.85cmくらいを基準として体型によって加減します。

   袖の形 元禄袖(げんろくそで)は袖丈が短く、袖の丸みが大きいものです。筒袖(つつそで)は袂の部分がなく、筒のような形をした袖です。船底袖(ふなぞこそで)は袖下が船底形の丸みのある形で、袖口に向かうほど袖が細くなっていきます。

  3 八掛

   八掛の裁断図

   f:id:hana-haru:20210507205803j:plain


  6 四つ身
   三歳から九歳くらいまでの子供用のきものの仕立て方を四つ身といいます。

   身長や裄の長さに合わせて、肩あげや腰あげをします。

  9 帯

   名古屋帯 胴に巻く部分は半分の幅、お太鼓部分は並幅に仕立てる「なごや仕立て」が一般的です。胴に巻く部分を半分にしないで、開いて仕立てるやり方もあります。胴に巻く部分、お太鼓の部分に分ける「付け帯」は旅行などに重宝します。標準寸法のたれ丈は3尺(114cm)、たれ幅は8寸(30.4cm)です。

   丸帯 最も格式が高く、約68cm幅に織ったものを二つ折りにして仕立てます。

   袋なごや帯 仕立て上がりは幅30cm、長さ3m60cmくらいです。
 
訪問頂きありがとうございます。これをきっかけに、きものに興味を抱いていただければ幸いです。

きもの文化ノート 本文9-2

きもの文化について自分の参考資料として私見を書いています。本文は順不同に、内容を膨らませながら書いています。参照される方はご了承の上、ご覧ください。なお、無断でのコピーや転載はご遠慮ください。追記・修正箇所は太字・下線にしています。
 
第9章 悉皆
 第2節 採寸
  2 女性
    裄 女性用と男性用で測り方は同じです。両手くるぶし間を二等分する方法と、首の後ろの付け根(ぐりぐり)から肩を通って手首のくるぶしまでの長さを測る方法があります。
 
訪問頂きありがとうございます。これをきっかけに、きものに興味を抱いていただければ幸いです。

河本蓮太郎展「時の布」

 河本蓮太郎展「時の布」を観てきました。

 

 場所は「ギャラリーピクトル」で神奈川県鎌倉市にあります。私はJR横須賀線鎌倉駅から歩きました。徒歩で9分の場所です。

 

 スペースは約17m2、約24m2の2部屋で構成されています。作品は古布を裂き、染色し、織り機を使って新たなイメージを織り込んだものです。「時の布」展では禅宗の伝来と茶の湯の興隆が織物文化の発展に関わっていたことに基づいて、禅の世界とリンクしながら、過去・現在・未来へとつながる時間を作品に折り込むことに挑戦しています。

 

 私は織物のアート作品を観るのは初めてでした。四角ではない織物、額縁に飾る織物、岩を模して立体的にした織物など、全ての作品が新鮮でした。織物の可能性が私の中で広がって、なんだか嬉しい気持ちがしました。

 

f:id:hana-haru:20210418160713j:plain

f:id:hana-haru:20210418160737j:plain

f:id:hana-haru:20210418160756j:plain

f:id:hana-haru:20210418160818j:plain

f:id:hana-haru:20210418160835j:plain

 

きもの文化ノート 本文4-5

きもの文化について、自分の参考資料として私見を書いています。本文は順不同に、内容を膨らませながら書いています。参照される方はご了承の上、ご覧ください。なお、無断でのコピーや転載はご遠慮ください。
追記・修正箇所は太字・下線にしています。

 

第4章 糸の種類
 第5節 動物素材
  1 ウール
    羊の毛から織られた繊維です。
 

訪問頂きありがとうございます。これをきっかけに、きものに興味を抱いていただければ幸いです。

きもの文化ノート 本文2-3

きもの文化を体系的にまとめられた資料が見当たらないので、自分の参考資料として私見を書いています。本文は順不同に、内容を膨らませながら書いています。参照される方はご了承の上、ご覧ください。なお、無断でのコピーや転載はご遠慮ください。
追記・修正箇所は太字・下線にしています。
 
第2章 染めのきもの
 第3節 藍染
  1 阿波藍染
 藍の葉を発酵させた「蒅」(すくも)を使って染めます。発酵すると「藍の花」が藍がめの表面に泡立ちます。触媒には木灰の灰汁(あく)を使います。
 
訪問頂きありがとうございます。これをきっかけに、きものに興味を抱いていただければ幸いです。

北鎌倉古民家ミュージアム

 鎌倉市にある北鎌倉古民家ミュージアムを訪ねました。

 

 「北鎌倉古民家ミュージアム」は神奈川県鎌倉市にあります。私はJR横須賀線北鎌倉駅から歩きました。徒歩で3分の場所です。

 

 企画展の「おひなさま展」と同時開催の「昔こども着物展」を観たいと思い訪れました。

f:id:hana-haru:20210320145551j:plain

企画展ポスター

 展示品は江戸時代の寛永雛や有職雛、大正時代から昭和の段飾りなど多彩でした。人形の衣装は、十二単や束帯が丁寧に作られていて、大事に今日まで受け継がれてきたのだろうなと思いました。

 

 江戸時代の小袖や屏風の展示もありました。

f:id:hana-haru:20210320145646j:plain

江戸時代の小袖

 こども着物展には、お祝い事や七五三で着たであろう着物や、麻で織られた夏着物、江戸時代の凝った刺繡の小袖などがありました。

f:id:hana-haru:20210320145723j:plain

f:id:hana-haru:20210320145803j:plain

 背守りも凝ったものがあり子供を大事に思っていたと推測されます。良いものを見ることができました。

 

f:id:hana-haru:20210320145910j:plain

 

きもの文化ノート 本文8-6

きもの文化を体系的にまとめられた資料が見当たらないので、自分の参考資料として私見を書いています。本文は順不同に、内容を膨らませながら書いています。参照される方はご了承の上、ご覧ください。なお、無断でのコピーや転載はご遠慮ください。
追記・修正箇所は太字・下線にしています。
 
第8章 通過儀礼
 第6節 仏事
  2 衣装
   通夜の際の装いには、地味な色無地、黒共帯、黒帯締め、黒帯揚げ、白無地紋綸子長襦袢が相応しいです。
 
訪問頂きありがとうございます。これをきっかけに、きものに興味を抱いていただければ幸いです。

回廊 瞬とき 「2021暮らしのこだわり展」

 小田原にある「回廊 瞬」を訪ねました。

 

 「回廊 瞬」は神奈川県小田原市にある、織の工房です。私はJR東海道線国府津駅から御殿場線に乗り換え、下曽我駅から歩きました。徒歩で15分の場所です。車窓から見た曽我梅林がきれいでした。

 

 企画展の「暮らしのこだわり展」を観たいと思い訪れました。古民家を利用した工房になっていて、土間と上がった部屋ふた間を使ってのコンパクトな展示でした。

 

 作品は織物、焼き物、アクセサリー、地場の食品など多彩でした。閉店する藍工房のショールがお手頃価格だったので購入しました。

 

 工房の方に裂織の作品作りについて質問したところ、丁寧に教えてくださりとても参考になりました。体験教室もあるということですので、検討したいと思います。

 

f:id:hana-haru:20210225193510j:plain

回廊の案内

f:id:hana-haru:20210225193628j:plain

暮らしのこだわり展