機の音 はたのね

きものに関連する様々なことを書き残すブログです。

きもの文化ノート 本文10-2

きもの文化を体系的にまとめられた資料が見当たらないので、自分の参考資料として私見を書いています。本文は順不同に、内容を膨らませながら書いています。参照される方はご了承の上、ご覧ください。なお、無断でのコピーや転載はご遠慮ください。

追記・修正箇所は太字・下線にしています。

 

第10章 家紋と文様
 第2節 文様
  1 白生地の文様
  2 物語
  3 植物文様

    秋草(あきくさ) 秋の七草をはじめ、秋の野原に咲く花を組み合わせたもの、あるいは単独で用いたものの総称です。

    葵(あおい) 「あおい」とは太陽を仰ぐことを意味し、葵の花の日向性にちなんで幸先のよさを表す植物とされます。ハート形のような葵の葉は、ほかの植物と組み合わせて、きものや帯に広く使われています。二葉葵は京都・上賀茂神社の社紋、三葉葵は徳川家の家紋です。

    桐(きり) 中国で鳳凰が住むとして尊ばれた木です。日本でも格調高い文様です。代表的な吉祥文様のひとつで家紋にも使います。
  4 幾何学

    直線や曲線、点などで構成されています。代表的なものに鱗、網代あじろ)、檜垣(ひがき)、襷(たすき)等があります。連続した模様、または部分的な場の中の模様などに使われます。

    鱗(うろこ) 地と三角形が交互に入れ替わって構成される文様です。魚の鱗に似ているためこの名前があります。厄除けの意味もあります。

    亀甲(きっこう) 正六角形の幾何学文様です。亀の甲に似ているのでこうよばれます。平安時代に定着した有職(ゆうそく)文様で、めでたい柄です。

    網代あじろ) 垣根や団扇などに使われた、竹などを細く削って斜めや縦横に組んだ形を文様化したものです。地紋に多く使用されています。

    松皮菱(まつかわびし) 菱形の上下にさらに小さな菱形を重ねたような文様です。松の皮をはがした形に似ているのでこの名前があります。江戸時代に歌舞伎役者、市川左團次(さだんじ)が舞台衣装に用いて流行し、以降はその役者名でも呼ばれるようになりました。

    市松(いちまつ) 四角形を縦横に並べた文様です。江戸時代の歌舞伎役者、佐野川市松の衣装に由来する呼び方です。石畳文ともいいます

    麻の葉 六角形を基礎にした文様です。形が大麻の葉に似ていることに由来します。部分的に破れたものもあります。

    籠目(かごめ) 竹で編んだ籠の網目を文様化したものです。幾何構成の連続文様ですが、網目のひとつを紋章にしたものもあります。
  5 吉祥文様
  6 正倉院文様

             日本の古典文様では最古の文様で、異国風の雰囲気と格調の高さを併せ持ちます。

    花喰鳥(はなくいどり) 花や小枝、組紐などをくわえた鳥の文様です。鳥は鶴や鳳凰などさまざまです。
  7 名物裂(めいぶつぎれ)
    荒磯(ありそ・あらいそ) 波間に踊る鯉を表した文様です。

    有栖川(ありすがわ) 有栖川宮が所蔵の有栖川錦にある文様です。鹿や馬を菱形や八角形などで囲んだものです。
  8 有職文様

    八つ藤の丸(やつふじのまる) 中央の十字形の花文の周囲を、2つ1組の藤文4組で囲んで構成されます。格調のある文様です。
  9 文字

       10 器物文様

     宝尽くし(たからづくし) 分銅、打出の小槌、如意宝珠などが含まれます。

     地紙(じがみ) 扇に張る紙のことを地紙といいます。地紙の形の中に、草花や器物などの文様を入れたもの。

     薬玉(くすだま) 5月5日の端午の節句に魔除けに飾ったのが薬玉です。香料を袋に入れ、造花を結んで糸を垂らした形を文様化しています。

     花籠(はなかご) 花を竹で編んだ籠に盛った形を文様化したものです。中国の故事でめでたいとされた文様です。

     檜扇(ひおうぎ) 檜の薄板の上部を絹糸でとじた扇で、平安貴族が使った装身具です。

     蹴鞠(けまり) 平安貴族の優雅な遊びである蹴鞠の鞠を文様化したものです。鞠は中央がくびれた形です。柳などの植物とよく組み合わせます。

     熨斗(のし) 祝儀の進物や引き出物に添えた熨斗を、細長い帯状に文様化したものです。数本を束ねた束ね熨斗としてよく表されます。

     誰が袖(たがそで) 江戸時代、小袖を衣桁(いこう)にかけた様子を描いた「誰が袖屏風」を文様化したものです。衣桁なしでも描かれます。

     冊子(そうし) 草子とも書き、和紙を綴じた本を文様化したものです。表紙だけや頁を開いた形で描かれることもあります。

  11 動物文様

     鴛鴦(おしどり) 鴛鴦は仲睦まじいことから、夫婦の変わらぬ愛を象徴する鳥とされています。

      桐竹鳳凰文(きりたけほうおうもん) 吉祥文様の組み合わせとして桐に鳳凰がよく用いられます。

  12 自然・風景文様
    茶屋辻(ちゃやつじ) 水辺の風景と家屋や樹木、草花などで構成された模様です。

    青海波(せいがいは・せいかいは) 波文の一種です。同心円を互い違いに重ね、同心円の一部が扇形状に重なり合った文様です。埴輪にもある古い文様です。

  

訪問頂きありがとうございます。これをきっかけに、きものに興味を抱いていただければ幸いです。

きもの文化ノート 本文13-6

きもの文化を体系的にまとめられた資料が見当たらないので、自分の参考資料として私見を書いています。本文は順不同に、内容を膨らませながら書いています。参照される方はご了承の上、ご覧ください。なお、無断でのコピーや転載はご遠慮ください。
追記・修正箇所は太字・下線にしています。
 
第13章 きものを着る
 第6節 着用時期
  1 きもの
    紗合わせ (5月中旬以降)、6月、9月
 
訪問頂きありがとうございます。これをきっかけに、きものに興味を抱いていただければ幸いです。

きもの文化ノート 本文7-1

きもの文化を体系的にまとめられた資料が見当たらないので、自分の参考資料として私見を書いています。本文は順不同に、内容を膨らませながら書いています。参照される方はご了承の上、ご覧ください。なお、無断でのコピーや転載はご遠慮ください。
追記・修正箇所は太字・下線にしています。
 
第7章 歴史
 第1節 縄文時代
  3 服装
    古代東洋で、絹糸の紋織技術が発展しました。
 
訪問頂きありがとうございます。これをきっかけに、きものに興味を抱いていただければ幸いです。

きもの文化ノート 本文11-1

きもの文化を体系的にまとめられた資料が見当たらないので、自分の参考資料として私見を書いています。本文は順不同に、内容を膨らませながら書いています。参照される方はご了承の上、ご覧ください。なお、無断でのコピーや転載はご遠慮ください。
追記・修正箇所は太字・下線にしています。
 
第11章 重文と工芸品
 第1節 重要無形文化財
  2 団体
    喜如嘉(きじょか)の芭蕉布 1974年、喜如嘉の芭蕉布保存協会が保持団体に認定されました。
 
訪問頂きありがとうございます。これをきっかけに、きものに興味を抱いていただければ幸いです。

きもの文化ノート 本文8-3

きもの文化を体系的にまとめられた資料が見当たらないので、自分の参考資料として私見を書いています。本文は順不同に、内容を膨らませながら書いています。参照される方はご了承の上、ご覧ください。なお、無断でのコピーや転載はご遠慮ください。
追記・修正箇所は太字・下線にしています。
 
第8章 通過儀礼
 第3節 十三参り
  2 衣装
   体格によっては肩あげをして着用します。おはしょりをして大人用の袋帯を締めます。
 
訪問頂きありがとうございます。これをきっかけに、きものに興味を抱いていただければ幸いです。

手織り工房 織舎(おりや)

 

 織舎は神奈川県鎌倉市にあります。私はJR北鎌倉駅から歩きました。徒歩で約3分の場所です。北鎌倉は紅葉一歩手前といった感じで、駅前はお茶会の帰りと思われるグループの着物姿で華やかでした。

 

 織舎は3年前までは、ショップも営業していたそうですが、現在は織物教室のみとのことです。私はショップがあると思い、事前に連絡せずに訪ねたので突然の見学となってしまい迷惑をかけてしまいました。

 

 教室は古いアパートの2階の部屋にあり、5人の女性がそれぞれ高機(たかはた)に向かい、作品作りに集中していました。和やかなカルチャースクールという気楽さはなく、真剣に織りに向かっている姿勢が感じられました。

 

 短い時間でしたが、いい刺激をもらいました。織機の写真を1枚だけ写しました。

 

f:id:hana-haru:20201106203018j:plain

2台の織機

 

きもの文化ノート 本文1-2

きもの文化を体系的にまとめられた資料が見当たらないので、自分の参考資料として私見を書いています。本文は順不同に、内容を膨らませながら書いています。参照される方はご了承の上、ご覧ください。なお、無断でのコピーや転載はご遠慮ください。
追記・修正箇所は太字・下線にしています。
 
第1章 きものの種類
 第2節 男のきもの
  1 紋付
   第一礼装には五つ紋を入れます。
  2 長着
   男性の場合は衣紋を抜かずに着ます。帯揚や帯締は使いません。
 
訪問頂きありがとうございます。これをきっかけに、きものに興味を抱いていただければ幸いです。

きもの文化ノート 本文14-1

きもの文化を体系的にまとめられた資料が見当たらないので、自分の参考資料として私見を書いています。本文は順不同に、内容を膨らませながら書いています。参照される方はご了承の上、ご覧ください。なお、無断でのコピーや転載はご遠慮ください。
追記・修正箇所は太字・下線にしています。
 
第14章 巻末
 第4節 ことわざ・慣用句
  2 慣用句
    衿を正す 姿勢や服装の乱れを整えてきんちとすることです。
 
訪問頂きありがとうございます。これをきっかけに、きものに興味を抱いていただければ幸いです。