機の音 はたのね

きものに関連する様々なことを書き残すブログです。

きもの文化ノート 本文7-6

きもの文化を体系的にまとめられた資料が見当たらないので、自分の参考資料として私見を書いています。本文は順不同に、内容を膨らませながら書いています。参照される方はご了承の上、ご覧ください。なお、無断でのコピーや転載はご遠慮ください。
追記・修正箇所は太字・下線にしています。
 
第7章 歴史
 第6節 室町時代
   2 文化・美術
     名物裂(めいぶつぎれ) 室町時代以降に海外から流入し、主に茶道で珍重された金襴(きんらん)、緞子(どんす)、錦、間道(かんとう)などの裂を総称して名物裂といいます。

   3 着物

     男性の装束 武家男子は通常の儀式には直垂(ひたたれ)と呼ばれる、垂領(たりくび)の形の武家独自の大袖を着用していました。

     小物 足袋の指先が割れた形になりました。
 
訪問頂きありがとうございます。これをきっかけに、きものに興味を抱いていただければ幸いです。