機の音 はたのね

きものに関連する様々なことを書き残すブログです。

きもの文化ノート 本文1-1

きもの文化を体系的にまとめられた資料が見当たらないので、自分の参考資料として私見を書いています。本文は順不同に、内容を膨らませながら書いています。参照される方はご了承の上、ご覧ください。なお、無断でのコピーや転載はご遠慮ください。

追記・修正箇所は太字下線にしています。

 

第1章 きものの種類
 第1節 女のきもの
  1 振袖

              袖丈の長さによって、大振袖、中振袖、小振袖とよばれています。
  2 黒留袖
              黒留袖の模様は裾に絵羽模様が付けられています。他の部位には模様はありません。(絵羽模様とは生地の境目でも模様が繋がって付けられているものです。)地色は黒の一色染です。模様は伝統的な古典柄やおめでたい吉祥模様のものが多いです。(吉祥模様とは、縁起の良いとされる動植物や道具などを描いた図柄です。)
  3 色留袖
  4 喪服
              告別式に着用します。黒一色の無地のきものに黒無地の共帯を締めます。通夜・告別式以外には色喪服として紫、紺、グレーなどの無地のきものも相応しいきものです。
  5 訪問着
              肩、胸、袖、裾に絵羽模様が付けられています。
  6 付下げ

    反物の状態で染めます。仕立てた時、模様が上向きになるように付けられています。訪問着よりあっさりした柄付けのものが多いです。
  7 色無地
              一色染のきものです。生地の地紋で模様が表されています。
  8 小紋
              全身に模様が表されています。同じ模様を一定方向に繰り返し表現されています。
  9 紬

    紬は先染めのきものです。(糸を染織して織り上げるものを先染めといいます。)
  10 浴衣

    入浴の際に着た「湯帷子(ゆかたびら)」から発生したといわれています。柄には歌舞伎役者にちなんだ、伝統的なものもあります。格子状に太い糸を織り込んでいるものを紅梅(こうばい)といいます。帯は半幅帯、角帯、兵児帯を締めるのが一般的です。
  11 袴

    袴には襠(まち)のある「馬乗り袴(うまのりばかま)」と、襠のない「行灯袴(あんどんばかま)」(平袴)(ひらばかま)の2種類があります。
  12 羽織

    羽織の着丈は自由で、単衣(ひとえ)仕立てと袷(あわせ)仕立てがあります。
  13 コート

 
訪問頂きありがとうございます。これをきっかけに、きものに興味を抱いていただければ幸いです。